イギリスに行くとこうなる

イギリスに行くとこうなる

MENU

【詳細解説】日本の運転免許からイギリス運転免許に切り替え【D1/小切手の書き方】

drive-car

 

日本の運転免許証を持っている人はイギリスに来て5年以内であれば日本の免許証は保持したままイギリスの運転免許証にテストなしで切り替えが出来る。

 

私は日本の運転免許証の更新時期が迫っているが、コロナ流行のために日本に一時帰国が困難な状況だったため、イギリスの運転免許証に切り替えることにした。

 

この記事ではイギリスの運転免許証に切り替える方法を、一つの疑問も残らないように、出来るだけ詳しく解説します。

"D1の書き方"と"小切手の書き方"はわかりやすく見本を用意しました。

 

 

イギリスの運転免許証への切り替え

主な流れは以下の通り。

1. 日本大使館で自動車運転免許証抜粋証明書を申請、受け取り

2. DVLA (イギリスの運転免許管理局)へ申請書を送付

3. イギリスの運転免許が自宅に郵送される

4. 日本の運転免許が日本大使館宛に返還されるので引き取りに行く

 

在英国日本大使館のwebサイトで申請の流れが記載されているのでそちらもよく確認しましょう。

英国運転免許証への切り替え手続き | 在英国日本国大使館

 

  Step1. 自動車運転免許証抜粋証明書の申請

日本の運転免許証はDVLAに送付するのだが、日本語を英語に翻訳した「自動車運転免許証抜粋証明書」と言う書類を日本大使館に発行してもわなくてはならない。

自動車運転免許証抜粋証明書発行の申請をして後日受け取りと言う流れ。

 

申請時に必要なもの

  • 現在有効な日本の運転免許証
  • パスポート(郵送の場合はパスポートのコピー)
  • 申請書(大使館で直接もらうかWebサイトからダウンロードして印刷する)

参照: 在英国日本大使館

 

上記の必要書類を大使館宛てに郵送する。

コロナ禍では大使館への来館制限がされているため郵送申請のみの受付だが、通常時は来館して申請できる模様。

 

日本大使館宛ての送付先

Certificate Officer, Consular Section, Embassy of Japan

101-104 Piccadilly, London W1J 7JT

参照: 在英国日本大使館

 

郵送後、大使館から書類を受け取り適切に受理されたことを知らせるメールが届く。

証明書の交付は通常、受理されてから4営業日後。

 

 POINT

郵送手段として、Special Deliveryが強く推奨されています。

大事な書類なので少しでもリスクの少ない郵送方法で送るべきですね。

Special DeliveryとはイギリスのRoyal Mailと言う配送サービス機関の"Royal Mail Special Delivery Guaranteed by 1pm"と言う商品。

 

 Royal Mail Special Delivery Guaranteed by 1pm

  • 価格£6.75(オンライン購入)、£6.85(店舗購入)
  • 郵便物の追跡機能利用可能
  • 受け取り相手の確認署名機能利用可能
  • 翌日の午後1時までに配達
  • 補償額最高£500まで

参照: Royal Mail

 

お近くのPost Office(郵便局)の窓口まで直接郵送したい書類だけ持っていきSpecial Deliveryで送りたい旨を伝えればSpecial Delivery用の封筒(灰色の袋)に入れてくれるのでそこに宛名と送り主の名前と住所を記入し、お金を払いレシート(追跡番号控え)を貰えばOK。

 

 POINT

ここで面倒なのが申請書のダウンロードして印刷とパスポートのコピーを用意すること。

 イギリス主にロンドンで印刷できる場所がわからない場合は以下の記事を参考にどうぞ。

lifeinuk.hatenadiary.com

 

Step2. 自動車運転免許証抜粋証明書を受け取る

申請は郵送でした場合でも自動車運転免許証抜粋証明書の受け取りには来館する必要がある。

 

受け取り時に必要なもの

  • パスポート
  • 手数料: 現金£15(2021年3月時点)

参照: 在英国日本大使館

 

 手数料は時期によって変わる可能性があるので大使館のWebサイトで確認してください。

あと注意なのは現金でお釣りが出ないようにすること。

 

※コロナ禍では来館制限があり、来館するのに電話で予約を取る必要がある。

予約は3週間先までの受付となっている。

私の際は予約者多数のため3週間後からしか予約が取れず、申請が受理されてから約3週間後に証明書の受け取りが出来た。

 

Step3. DVLAへ書類を送付

DVLAと言うイギリスの運転免許を管理している機関へ必要書類を用意して郵送しなくてはならない。

ここで、日本人でBRPカード保持者はBRPカードのコピーを利用して申請できる。

通常はパスポート原本に加えて滞在許可証も郵送しなければならないのだけど、身分証として提出するのはBRPのコピーだけで済むということ。

なので下記ではBRPカードをお持ちの場合で説明します。

 

郵送する必要書類

  1. DVLA申請書"D1"
  2. 在英日本大使館発行の自動車運転免許証抜粋証明書 
  3. 有効な日本の運転免許証
  4. 手数料分の小切手又はPostal Order 
  5. 運転免許証用規格の写真1枚
  6. BRPカードの両面をコピーしたもの

参照: 在英国日国本大使館

項目の横の""をクリックするとページ内の解説文に飛びます。

 

送付先

DVLA Japanese Account Manager

  • Ms Lisa John

CCU1, DGFW, DVLA, Swansea, SA6 7JL

  • Ms Diane Sturley

CCU5, DGFW, DVLA, Swansea, SA6 7JL

参照: 在英国日国本大使館

  

 必要書類について詳しく解説していきます!

  DVLA申請書”D1”

運転免許証の申請にはDVLAが発行するD1という書類に必要事項を記入する。

このD1は郵便局、またはオンラインで請求できる。

 郵便局の店員にD1の申請書くださいと言えば無料でもらえるので簡単です。

 

D1-image1

D1 申請書

茶色い封筒の中に申請書と書き方の説明パンフレットが入っている。
申請書はA4サイズの紙2枚が繋がっていて計4ページ、ジョイント部分は切り取れるようになっている。

実際に提出する申請書は切り取った片方の1枚なので2ページです。

もう半分は申請書の書き方の細かい説明。

D1-image2

D1(申請書)の書き方

注意点: 申請書は必ず黒いインクのペンで全て大文字の英語で記入する!

 

D1-sample1

D1見本 1ページ目

 

①何に申請するか
  • 1番下の"To exchange my non-UK licence for a GB licence" にチェックを入れる。
  • 自分の運転免許が発行された国を記入。
  • 運転免許のテストに合格した国を記入。

 

②申請者の個人情報
  • イギリス運転免許証に表示させたいTitle(Mr,Msなど)を選びチェックを記入。
  • 苗字と名前を記入。
  • 生年月日を記入。
  • 現住所とポストコードを記入。
  • 電話番号とメールアドレスは必須項目ではないので任意で記入。
  • 生まれた国を記入。
  • 住む目的でイギリスに入国した日を記入。

 

③申請者の視力について
  • 運転に必要な視力を持っているかの確認。

"Yes"にチェック。

  • 運転時に眼鏡屋コンタクトレンズの使用が必要かどうか。

視力矯正アイテムが必要な人は"Yes"、裸眼の人は"No"にチェック。

 

D1-sample2

D1見本 2ページ目

 

④申請者の健康状態について
  • 申請書のもう半分(3〜4ページ)のnote Aという項目に書かれている健康状態に当てはまるかどうか。

当てはまらない場合は"No"にチェック。

運転できる健康な健常者は基本的に"No"で大丈夫。

 

⑤申請時に使用するIDについて
  • 申請時にBRPのコピーを使用する場合は"Biometric Residence Permit(BRP)"にチェック。
  • その下の空欄にBRPカードのシリアル番号を記入。

シリアル番号とはBRPカードの右上に載っている英数字です。

 

⑦申請者の署名
  • 署名した日付を記入。
  • 申請者は署名をする。

この白い枠内からはみ出さないように注意。パスポートと同じサインを記入する。

 

⑧チェックリスト
  • セクション7で署名をしたことを確認するためにチェックを記入。
  • 申請にかかる申請料を記入。
  • 申請書と同封する小切手またはPostal Orderの番号を記入する。

小切手の場合は小切手に印字されている"Cheque No."を記載する。

 

⑨申請者の写真
  • 運転免許証用規格の写真を貼り付ける。

申請書のこの部分は剥がれ、シールのようになっているので、写真を表向きに貼り付ける。

写真のサイズはパスポート写真と同じサイズ、カラーで背景がライトグレーかクリーム色のもの。

この写真は街中にあるインスタント証明写真機、あるいはプリントショップで撮ってもらいましょう。

写真の裏にサインとかはBRPで申請する日本人の場合はなくで大丈夫。

 

  手数料分の小切手又はPostal Order

DVLAでの申請料の支払いは小切手かPostal Orderを使用して支払います。

現金を同封しての支払いは受け付けてもらえません。

 

Postal Orderで支払う場合は郵便局の窓口で入手できます。

しかし郵便局側に手数料を取られます。

なので、この項目では小切手の場合で詳しく説明します。

 

小切手を入手する

現地の銀行で口座を持っている人は小切手帳を基本的には手数料なしで使える。

 

ちなみにみんな大好きネットバンクのMonzoでは小切手の発行サービスがあった気がするが有料だったはず。いや小切手発行サービスはないという情報も目にしたので、Monzoについては定かではない。

いずれにせよ、イギリスに実店舗のある銀行を利用した方が良いです。

 

小切手帳は銀行の口座を開設した際にもらうかもしれません。

開設時に貰えなかった場合は後からでも銀行側に言えば無料で貰えます。オンラインで注文して無料で郵送してくれるサービスを行なっている銀行もある。

ちなみに小切手は英語でChequeと言う。

 

小切手の書き方

cheque-sample

小切手みほん
  •  Payに受け取り相手の名前を書く。

DVLA宛なので"DVLA, Swansea"と記載。

  • その下に金額を英語で書く。
  • 右端Dateに日付を書く。

ここに書いた日付以降に相手がお金を受け取ることが出来、有効期限は記載した日付から一般的には6ヶ月。

  • その下に金額を数字で書く。
  • 下の署名欄に銀行に届けだしているサインで署名する。
 POINT

空欄に誰かが後から金額を書き足したり出来ないように隙間がある場合は線を引く。

 

以上を記入したら小切手帳から小切手を1枚切り離し、それを郵送用封筒に入れるだけ。

後日相手側がこの小切手からお金を受け取った際に、自分の銀行口座からお金が引かれる。

 

必要書類の最終確認をして郵送

 
郵送する必要書類
  • DVLA申請書”D1”
  • 在英日本大使館発行の自動車運転免許証抜粋証明書
  • 有効な日本の運転免許証
  • 手数料分の小切手又はPostal Order
  • 運転免許証用規格の写真1枚(D1に貼り付ける)
  • BRPカードの両面をコピーしたもの

参照: 在英国日国本大使館

以上の6点が揃ったらDVLA宛に郵送する。

 

この際はまたSpecial Deliveryの使用が推奨されています。

また、DVLAからイギリスの運転免許証が自分に送られる際、通常は普通郵便(Royal Mail 2nd Class)で届くのだが、心配な人は返信用にSpecial Delivery先払い封筒を同封するといいです。

郵便局員曰く、返信用先払いに対応しているのはSpecial Deliveryだけで、他のグレード(Tracked 48や1st Classなど)は使えないそうです。

その担当者が言ってるだけだから他の郵便局員に聞くと違う答えが返ってくるかもしれない。

 

ちなみに私は返信用封筒は同封しませんでしたが、普通の封筒に入った運転免許がポストに投函される形でちゃんと届きました。

 

 POINT

日本の運転免許証は申請後にDVLAが日本大使館宛に返還してくれますが、稀に返還されない場合があるようです。

DVLAの処理してくれる担当者によるのかもしれない。

念のためカヴァーレターで申請手続き終了後に日本の運転免許証を在英国日本大使館に送付してもらうように記載すると返還される確率が上がると思います。

 

万が一、日本の運転免許証が返還されなかった場合は、免許証の有効期限内であれば、取得した公安委員会(都道府県警)で再交付の手続きができる。

その場合は日本の機関に直接問い合わせることになるし、日本国内からの手続きが必要になる可能性もある。

 

 イギリス運転免許証が届く

申請書類送付後、2週間ほどでイギリスの運転免許証が現住所に送られてくる。

 

さらにその後1ヶ月〜3ヶ月ほどで日本の運転免許証が在英国日本大使館へ返還されると、日本大使館からメールで知らせがくるので、大使館に取りに行く。

コロナ禍では来館での受け取りが出来ないので、運転免許の返信用封筒を大使館宛に郵送しなくてはならない。

その際に返還希望届とパスポートのコピーも合わせて郵送する。

 

日本大使館が返還された日本の運転免許証を保管してくれる期間は、運転免許証の有効期限満了後2年間。

 

トータルでかかった金額

自動車運転免許証抜粋証明書の申請時の郵送代Special Delivery: £6.70

自動車運転免許証抜粋証明書の申請手数料: £15

イギリス運転免許証用の写真: 以前撮った残りを使ったので£0

小切手発行: £0

イギリス運伝免許証申請料: £43

イギリス運伝免許証申請書類郵送代Special Delivery: £6.85

-------------------------

合計£71.55

 

私が申請したのがコロナ禍だったため大使館に自動車運転免許証抜粋証明書を申請する際、郵送という選択肢しかなかったのが悔しいですね。

Special Deliveryでの郵送代がまあまあかかるので郵送すればするだけ費用がかさむ。

Royal Mail 2nd Classで郵送したらもちろん費用は抑えられるのだけど、日本の運転免許証はなくなったらこの申請自体が2度と出来なくなるので日本の運転免許証を郵送する際だけはSpecial Deliveryを使うようにした。

ちなみに同じSpecial Deliveryなのに1回目と2回目で金額が違うのは年を跨いで今年から値上げされたから。

 

私は節約してだいぶ費用を抑えた方だと思う。

もしあなたが、小切手ではなくPostal Orderを利用する場合はその手数料がかかる。

IDのコピーなど印刷をする場面でプリンターを持っていない人はお店で印刷する費用が地味にかかってくる。

免許証用の写真を撮るのに安くても£6はかかる。

 

トータルでかかった期間

  • 大使館に自動車運転免許証抜粋証明書の申請書類送付

 ↓1日

  • 大使館からの受け取り確認メール
  • 電話で来館予約

 ↓19日

  • 大使館で自動車運転免許証抜粋証明書を受け取り
  • DVLAに申請書類を送付

 ↓11日

  • イギリスの運転免許証が自宅に届く

 ↓8日

  • 銀行口座から申請手数料が引き落とされる(小切手なので)

 ↓20日

  • 日本大使館に日本の運転免許証が返還されたとメールをもらう

-------------------------

途中の準備にかかる費用を除くと合計59日/2ヶ月弱

申請に必要なものを集めたりするので、 実際には2ヶ月と2週間ほどかかってます。

 

 POINT
  • DVLAに申請書類送付後、イギリスの免許が届くまで11日

  • イギリスの免許証受け取り後、大使館に日本の免許が返還されるまで4週間

 

イギリス運転免許証の住所変更

イギリスの運転免許証記載の住所変更はオンラインで手数料なしでできます。

もしも住所の変更を申告しないと£1,000の罰金が科される恐れがあるので注意。

 

オンラインでの住所変更時に、過去3年間の住所を入力させられる。

この住所はイギリス以外の住所も入力できるかは不明です。

イギリスに住んで3年未満の方はオンラインでの住所変更ができないかも知れない。

他国の住所でもいけるか試した方がいたらどうだったか教えてください。

 

 オンライン住所変更は下記の政府のサイトからどうぞ。

www.gov.uk

 

新たな免許が届いたら

オンラインでの住所変更後、2週間以内に新たな免許がDVLAから郵送で自宅に届く。

古い免許は真っ二つに切断してDVLAに送らなくてはならない。

送付先は、オンライン住所変更後に確認メールが届くのでそこに記載されている。

ちなみにこの際の郵送代は自分持ち。

私は特に指定がないので普通郵便(Royal Mail 2nd Class)で送った。

 

私が住所変更した際は、住所変更のオンライン申請後3日で新しい運転免許証が届いた。

イギリスのサービスにしては珍しく迅速な対応に驚いた。

 

まとめ

コロナ禍で日本に帰国するのが容易ではない中で、日本の運転免許証の更新期間が迫っていたのでイギリスの運転免許証への切り替えを行なった。

コロナ禍なので、通常よりも時間がかかると予想して、申請前にDVLAに質問した時は以下のような回答を受け取った。

「イギリス運転免許の発行は通常は2週間だが、いまの状況下では6〜8週間かかる。」

私の日本の運転免許の更新期限的にそんなに時間がかかったらギリギリアウトかもと心配していた。

しかし、実際は通常時と変わらず、申請から2週間以内にイギリスの運転免許証を手にすることが出来た。

 

実は当初、私はvisaを更新していて有効なBRPカードが手元になかったので、BRPカードなしで運転免許を申請する方法を模索しDVLAにも質問したが、滞在許可証の提出が必要なため、結局BRPカードなしでは難しいという結論に至った。

なのでイギリス運転免許証切り替え申請は日本人である場合、"BRPカードを使用しての申請"の一択だろう。

 

DVLAは申請の際も、住所変更の際も、質問した時でさえも、通常時と変わらない速さで対応してくれた。

それはどの公式な機関よりも迅速で優秀だと感じた。

 実際、一番時間がかかったのは、日本大使館への来館予約待ちだった。

コロナ禍で来館制限がされていなければ省けた時間だったろう。

 

イギリスでコピー・印刷ってどこでできる?ロンドンで安い店こっそり教えます

copy-in-uk


書類を印刷しないといけない場面に遭遇した時、大抵の単身者はプリンターを自宅に持っていないのでお店で印刷することになる。

日本ならたくさんあるコンビニのほとんどで24時間手軽に安く印刷できるから困ることなんてなかった。

でもイギリスってコンビニない。

コンビニ代わりのオフライセンスにもコピー機置いてない。

どこで印刷したらいいのか迷える人はこの記事を参考にしてください。

 

印刷できる店

イギリスで印刷ってどこでできるの?という方のために、まず多くの街で見つけることができる印刷機のあるお店を紹介。

 

Ryman: 文房具屋

www.ryman.co.uk

 

Snapy Snaps: プリントショップ

www.snappysnaps.co.uk

 

これらのお店はチェーン店なので市街地には必ずあるし、特にSnapy Snapsならロンドンのどの地域でも見つけられると思う。

 

印刷機がある店にコピーしたい書類が入ったUSBメモリを持っていくか、メールでお店のパソコンに添付して送信することで印刷してもらえる。

 

 

しかし上記2店は価格が高いので私は利用しない。

利用したのがずいぶん前なので記憶が定かではないがA4の2枚白黒印刷するだけで£2.5くらい取られたと思った。

 

安く印刷したい

私のオススメはローカルな文房具屋かプリントショップで印刷すること。

そういう店だと大体1枚目が50pで2枚目からは20pくらいの価格で格安で印刷して貰える。

 

"パスポート写真撮れます"みたいな看板出してる店は大抵書類の印刷もできるので、お住いの地域で探してみてください。

 

安い店(主にEastとNorthで)

ローカルのお店なんて見つからないよーという方のために具体的にお店をいくつか紹介します。

ロンドンの特定の地域に偏っているので西と南に住んでいる方はアクセス厳しいと思います。

 

以前利用したことがあるけど最近は利用していないので、当時の金額より値上げされているかも知れないし、今だに印刷サービスを続けているか定かではない店もあります。

ご利用の際はご自分で確認してください。

Hackney Central

Argun Printers and Stationers

Hackney Centralにある文房具屋。店の奥に印刷機があって格安で印刷してくれる。

値段は覚えてないけどA4白黒印刷で1枚50p〜だったと思う。

パスポート写真の撮影・印刷サービスもしていて私が利用したときは£6弱だった。

 店員が雑多な店内でデジカメで撮り、それを印刷してくれるだけなんだけど、正式な書類でもちゃんと使えた。

 

Argun Stationers

 

Whitechapel

Lastminute print

小さい店舗だがプリント事業を主にビジネス向けに行っている。

プリンターがあり、A4印刷に対応している。

価格は覚えていないが£1以下だったはず。

 

Last Minute Print - The Best Designing and Printing Price in London

 

Shadwell

Tech-O-Phone

ここはローカル中のローカルといった感じの店。地元民しか利用しないであろう。

モバイルアクセサリとか売ってる店でインターネットする用の貸しパソコンが3〜4台あってそのパソコンを使ってプリンターから印刷できる。

印刷する場合はネット利用料金は特に取られない。

価格はA4白黒印刷で1枚50pで2枚目から20pだった。

支払いは現金のみ。

何度か利用していたけど1度だけ10pふっかけられそうになったことがある。わざとかうっかりかはわからないけど。

壁に印刷価格の紙が貼ってあったから普通に計算して指摘すれば問題ない。

 

 

Holloway Road

Photo 7 Digital London

小規模なプリントショップ。

パスポート写真印刷やTシャツプリントサービスもやっている。

A4白黒印刷の価格は確か£1くらいからだった気がする。

 

 

まとめ

急にセンターで印刷しないといけない場合はRymanかSnapy Snapsしか選択肢はないかも知れないけど、センターに住んでいない人はその地域のチェーンではないローカルなプリントショップを探してみると印刷代を安く済ませることが出来る。

Snapy Snapsを利用するのがアホらしくなります。

 

余談ですが、プリントショップはチェーン店にしろローカル店にしろ、日曜日は休みな場合が多いので注意。

印刷する機会って多分旅行でRyanairを使う時が一番多いと思う笑

もし飛行機が月曜の朝か昼の便とかだったら日曜日に印刷できないとなると危ないよね。

 

【イギリス家探し】ビューイングでのチェックリスト/物件選びで気をつけること【保存版】

viewing-checklist

ビューイング(内見)の際にチェックすべき項目、大家に確認しておくべき項目をまとめました。

家探しで気をつけるポイントでもあります!

実際に私が部屋探しするときはこれらの項目を確認している。

よろしければ本記事をビューイングのお供にどうぞ。

 

↓ビューイングに行く前の段階での部屋探しについては以下の記事を参考にどうぞ。

lifeinuk.hatenadiary.com 

lifeinuk.hatenadiary.com

 

フラットシェアを想定して書いていますが、その他の居住形態でもほぼ共通だと思います。

チェック項目一覧と項目毎に補足説明も記載するので、イギリスでの生活知識の参考になるかと。

 

 

チェックリスト

 ※項目の横の"★"クリックでページ内下記の補足説明に飛びます。

 

契約全般
  • 契約書はもらえるか
  • 契約形態(Tenancy Agreement, Logger Agreement)
  • 大家やエージェントの担当者の情報
  • 大家は大家としての素質があるか
  • 家賃とデポジットの金額
  • 家賃の支払日
  • 家賃の支払い方法(現金orバンクトランスファー)
  • 家賃に全てのbillが含まれているか
  • 家賃にwifi料金が含まれているか
  • minimum termとmaximum term
  • 退去時のノーティス期間
  • 友人を呼べるか

 

部屋のチェック
  • 部屋に鍵は掛けられるか
  • 家具、収納は十分で古すぎないか
  • いらない家具は取り除けるか
  • 汚くはないか
  • 床はカーペットかフローリングか
  • 日当たりはいいか(←重要)
  • 風通しがいいか
  • 部屋にセントラルヒーティングがあるか
  • 壁は薄すぎないか
  • 部屋のフラット内での位置

 

共有部分
  • セントラルヒーティングは時間が決められているか
  • お湯は24時間使えるか
  • キッチン,トイレ,バスルームは汚くないか
  • キッチンで自分の使えるストレージがあるか
  • 冷蔵庫に自分の使えるスペースが十分にあるか
  • キッチンにシェア用の食器や調理器具があるか
  • キッチンのオーブンやコンロは壊れていないか
  • キッチンに電子レンジ,ケトルトースターがあってシェアできるか
  • 洗濯機に時短コースはあるか
  • トイレの流れはスムーズか
  • 全ての水道の水圧は良いか(洗面台,キッチン,シャワー)
  • 排水口は詰まりやすいか(キッチン,バスルーム)
  • シャワーヘッドは固定されていないか
  • バスルームやトイレの数は人数に対して適切か
  • 掃除当番はあるか
  • ガスや電気のトップアップはテナントがするのか
  • シェアする人数と性別(人種と職業)
  • フラットメイトの価値観やライフスタイル
  • ハウスルールはあるか
  • ネズミやシルバーフィッシュがでないか

 

フラット周辺
  • 駅やバス停が近いか
  • 大通りから離れていないか
  • 大きなスーパーが近くにあるか
  • ゴミ置場がどこにあるか

補足説明

補足が必要な項目のみ追加で説明します。

契約全般

      契約書はもらえるか

個人大家だと契約書を設けない大家もいるが、お互いのためにあった方がいい。 

テナントと大家双方の最低限の情報(名前や住所など)、家賃やデポジット、退去ノーティス期間などの情報が正式な証拠として残るので重要。

 

      契約形態

どのタイプの賃貸契約に当たるのかを把握しておくことも必要。

契約形態によって宿泊施設に適応される基準が変わってくる。

 

ざっくり言うと、

  • 大家と同居する場合: Logger Agreement
  • 大家と不同居の場合: Tenancy Agreement(その多くはAssured Shorthold Tenancy Agreement (AST)と呼ばれる形態)

 

また契約の種類が主に2タイプ

  • Fixed Term Tenancy: 契約終了日が決まっていて期間の固定契約。6ヶ月契約、1年契約など。
  • Periodic Tenancy: 契約終了日が決まっておらず自動的に月毎に更新され続ける

 

      大家は大家としての素質があるか

私の経験上、ライセンスを持っていない大家が結構存在する。

法律や規則を確認しないまま賃貸ビジネスをやってしまっている頭の悪い人。

ライセンスなしの大家は条例違反で罰金を取られる。

ただ、ビューイングの時にライセンスの確認まではしなくていい。ちょっと失礼だと思われるから。

 

↓大家の義務に関してはこちらのブログで。

lifeinuk.hatenadiary.com

 

大家がちゃんとした人かを確認する方法がある。

"Deposit Protection Scheme"について質問する方法だ。

賃貸トラブルで多いのがデポジット搾取なんだけど、この問題からテナントを守るシステムがDeposit Protection Schemeです。

大家はテナントから預かったデポジットをtenancy deposit protection(TDP) schemeに受け取ってから30日以内に預けなくてはならない。
以下の3つのサービスから1つを大家が選択して利用する。

退去時には退去後10日以内に大家はテナントにデポジットを返還しなくてはならない。

出典: GOV.UK 

「私のデポジットはどのように守られますか?」とか質問してみると、ちゃんと法を理解している大家ならDeposit Protection Schemeの話をしてくれるはずです。

 

      minimum termとmaximum term

 最低滞在期間と最高滞在期間。最低限何ヶ月は住み続けてくれという期間と、最高で何ヶ月までしか住めないという期間。

minimum termは3〜6ヶ月が一般的。

短期貸しでない限りはmaximum termがない所が多い。

 

Fixed Term Tenancy (滞在期間が決められている契約)の場合は、6ヶ月や1年などの決まった期間で更新されるので、minimum termはなく、自分のタイミングで退去が出来ない。

契約期間終了後はまたFixedTermでの契約更新するか、Periodic契約になるかは大家による。

 

↓Fixed Term Tenancyの契約期間終了後の選択肢について

england.shelter.org.uk

 

      退去時のノーティス期間

 退去したい場合には退去日より一定期間遡ってあらかじめ大家に通知する必要がある。

大家によってその期間はまちまちではあるが、一般的には退去日の1ヶ月前。

正直1ヶ月前に退去を決めるなんて現実的ではない。

退去が決まっても次に住む家が確定しないからだ。

入居を1ヶ月も待ってくれる大家などいない。

 

      友人を呼べるか

賃貸とはいえ自分の住居なのだから友人や恋人を招いても当然いいと思うだろう。

しかし、大家によっては厳しい場合がある。

友人や恋人を招くのは良いが宿泊する場合は1日毎に宿泊費を徴収するというせこい大家がいる。

大抵の親切な大家なら"泊まっても良いが住むのはダメ"というのが一般的。

 

部屋のチェック

      部屋に鍵は掛けられるか

 Flat Shareでも部屋に鍵が取り付けられていない家が結構ある。

これはそもそもその建物がファミリー用に建てられていて、別世帯の人間がシェアする用ではないから。

鍵が掛けられる部屋に住むことを強くお勧めする。
部屋の住人が留守中に大家が勝手に侵入する危険性があるから。

内鍵はなくても、せめてパドロックが外から掛けられれば最低限のプライバシーは守られるだろう。

 

      床はカーペットかフローリングか

 最近は部屋も共有部分もフローリングの家が多い。どちらにもメリットデメリットがある。

カーペットの場合、保温性や防音性に優れているが掃除がしづらく不衛生。

フローリングの場合、掃除が楽だが音が反響して些細な音もうるさく聞こえる。フラットメイトと騒音トラブルが起きやすい。

イギリスの家は防音を全く考えていない建物が多いので、騒音問題は避けられない。

残念なことに、大家にはテナントの安全と健康を守る義務があっても、防音設備の設置義務はないのだ。

 

      日当たりはいいか

 これは長く住みたいと思ったら超重要視すべき。

地下室でもなく大きな窓があったとしても、北向きの部屋で自然光が全く入らない部屋は最悪です。

寒いだけではなく、いくら窓を一日中開けていても壁がカビだらけになる!

テナントの健康に関わる事案なので大家が適切に対処すべき、本来はカビへの対処は大家の義務の1つとされている。

私は史上最悪の部屋に住んだ時に1週間もしないうちにカビに悩まされ結局2ヶ月ほどで退去した。

 

      部屋にセントラルヒーティングがあるか

 他の部屋や共有部分にはセントラルヒーティングがあるのに自分の部屋だけにはない、という場合がある。

これはなぜかというと、"その部屋は、1つの大きな部屋に後から壁を作って仕切り、無理やりもう1部屋増やした"からである。

エージェントがやる汚い手法です。

4部屋のフラットなのに無理やり1部屋作って5部屋にしてより多くテナントから家賃を稼ごうという酷さ。

結果、条例違反なほど狭い、セントラルヒーティングなしの部屋が通常の家賃で貸し出される。

 

元々その建物にセントラルヒーティングがない家もある。

その場合はオール電化というやつでガスを一切使っていない家。

ガスの心配をしなくていいという点では住みやすいが、バスルームには法律上コンセントがないので暖房器具が使えず冬は凍えながら風呂に入ることになる(経験談)。

 

      壁は薄すぎないか

 新しめの家は壁が薄い。古い家の方が壁が分厚い印象。

部屋からの音や声は廊下から聞こえる、部屋にいても他の部屋の音や話し声が聞こえる家が多いのでフラットメイトと揉めるのです。

前述した、1つの部屋に壁を後付けして無理やり2部屋にしたような場合の壁はもちろんとても薄い。隣室の人のいびきが聞こえる。

 

      部屋のフラット内での位置

玄関の近くの部屋だと早朝にフラットメイトが玄関のドアを勢いよく閉める音のせいで目覚める。

玄関のドアはオートロックだから反動だけでドアをしめる人が多い。

トイレの近くの部屋だとフラットメイトの排泄音が聞こえます。

キッチンに近い部屋だと洗濯機や換気扇の音がうるさい。

私の場合は玄関のドアを勢いよく閉める音以外は気にならない。

音に敏感な人はそもそもフラットシェアは向いていないのでスタジオアパートを借りましょう。

 

共有部分

      セントラルヒーティングは時間が決められているか

 これは結構重要。

セントラルヒーティングがある家でも稼働時間をケチる大家がいる。

私が史上最悪の家に住んだ時は、セントラルヒーティングは17:00-24:00までで寒いから電気ヒーター使ってたら大家に使うなと言われたことがある。

これは完全にテナントの健康を損ねる恐れのある、大家の義務違反なのでカウンシルに報告するべきだったな。

とにかく24時間セントラルヒーティングがついてる家推奨です。

 

      冷蔵庫に自分の使えるスペースが十分にあるか

フラットシェアの冷蔵庫問題は結構あるあるだと思う。

毎回スペースがなくて大家に言っても提供してくれないという問題に直面していた。

冷蔵庫だけではなく共有部分のストレージなど、フラットメイトとは陣地の奪い合いになることが多々。

本来3世帯以上、5人までが住むシェアフラットでは、大家は冷凍庫付きのworktop hight refrigerator(90cm程度の高さの冷蔵庫)を少なくとも2つ提供する義務があり、6人以上なら追加でさらに。(※このルールはカウンシルによって異なる)。

 

↓フラットシェアにおける設備の最低基準について詳しいことはこちらのブログで解説してます。  

lifeinuk.hatenadiary.com

 

      キッチンにシェア用の食器や調理器具があるか

 期限付きでイギリスに滞在予定の人は荷物を多く所有できないから食器は調理器具はシェア用のものが提供されていることは必須。

食器や調理器具がシェアではない場合、フラットメイトが異常にセンシティブな場合が懸念される。

掃除や生活音に対して文句を言われる可能性があると言うこと。

綺麗好きで整った規則正しい生活が送りたい人にはそう言ったタイプのフラットメイトと住むことに問題はないだろう。

でも私は経験上だらしないフラットメイトと汚いフラットでラフに暮らす方がよっぽどストレスが少なかった。

 

      キッチンに電子レンジ,ケトルトースターがあってシェアできるか

ビューイングに行った際にキッチンに電子レンジやケトルがあったとしてもそれがシェア用のものだとは限らない。

フラットメイト個人の所有物だった場合は住み始めた後でキッチンから急に撤去されて使えなくなる可能性がある。

そもそも個人の所有物を共有部分に置くなよと私は思うけど。

誰が買ったのか個人の所有物なのかシェア用なのかという点は必ず確認が必要。

 

最低限、3世帯以上3人以上(あるいは6人以上、※カウンシルによって異なる)が住むシェアフラットでは大家は電子レンジの提供が義務になっている。

なので、電子レンジがない、あるいは個人の物で共有してもらえない場合は大家にシェア用の物を要求できる。

 

      洗濯機に時短コースはあるか

イギリスの洗濯機は通常コースで洗濯すると2〜3時間平気でかかる。

フラットシェアで1人が長時間洗濯機を占領するのも、衣類が傷むのも芳しくないので、時短コース20分とか長くても1時間のコースがあると良い。

 

      トイレの流れはスムーズか

 そんなこといちいち確認する?と思いますでしょ?

でもイギリスのトイレ、流れが悪い。

トイレットペーパーをそんなに使っていなくても流れずに残っている、あるいは大便が流れずに便器に留まり続けるという現象が多々ある。

 

      排水口は詰まりやすいか(キッチン,バスルーム)

排水口を詰まらせるフラットメイトが多い。

何も気にせずに食品をシンクに流す、髪の毛をバスルームに流すからだろう。

特にキッチンのシンクの排水口が詰まると、洗濯機の水が排水されずに洗濯物が閉じ込められ、水が床に流れ出し浸水する。(経験談)

 

      シャワーヘッドは固定されていないか

古い家やホテルでも結構シャワーヘッドが固定されているのを見る。

海やプールの簡易シャワーみたいな感じで上からしか水が浴びれないやつ。

fixed-shower

私は絶対に電話の受話器みたいに手で持って至近距離でお湯を好きな場所に当てられるシャワーでないと無理なので重要。

 

      バスルームやトイレの数は人数に対して適切か

トイレ付きのバスルームが1つしかない場合は、例えシェアする人数が合計3人だろうとも不便です。

せめてバスルームとトイレは別でないとゆっくりシャワーを浴びれない。

トイレ付きバスルームが2つある、またはトイレ付きバスルーム1つ独立型トイレ1つという場合なら経験上6人までならそこまでの苦はなく暮らせる。

 

      掃除当番はあるか

掃除はフラットメイトが当番制でやるのか、それとも清掃サービスの人が来るのか。

エージェントから借りる物件では清掃サービスを利用していてその料金が家賃に含まれているという場合が多いので楽。

清掃サービスが家賃と別途で請求される場合は金額を確認しよう。2週間に1回で1テナント月£12とか言われたことがあった気がする…うろ覚え。

 

私自身は掃除当番がきっちり決められている家には住んだことない。

共有部分を自分が使って汚したらその都度掃除するというスタンスが最も多い。

実際それで掃除が不十分でフラットメイトや大家と揉めたりするけど。

 

      ガスや電気のトップアップはテナントがするのか

この説明をしない大家が多い。

私はシャワーを浴びている時にガスが急に切れて 水のシャワーを浴びたことが2回もある。

ガスや電気は自動的に供給される場合と、誰かがオフライセンスなどで鍵にお金をトップアップしないといけない場合がある。

ここでもまた、誰もトップアップしなくてフラットメイトと揉める。

Bill込みなのにテナントが払ったガス代を大家が返還しなくて揉める。と言うケースがある。

 

      シェアする人数と性別(人種と職業)

 人数と性別は把握しておいた方がいい。

人種と職業は聞けたらラッキー的な感じで。あんまり人種について積極的に聞くのはレイシストを疑われそうなので。

フラットメイトの職業が分かれば、家で仕事する人やシフト制で仕事する人など、生活リズムが自分と合うか確認できる。

 

フラットメイトの性別は女性は特に気にするかもしれない。

女性だけのシェアフラットはセキュリティ的に不安なので女性と男性がどちらもいる方がいい。

私的にはフラットメイトは男性の方が断然楽。比較的に女性よりも神経質ではないから笑 

 

      フラットメイトの価値観やライフスタイル

フラットメイトと揉める危険性を把握して置くことも重要。

フラットメイトがセンシティブだったり、逆にだらしなかったり、パティー好きだったり。

フラットシェアに対する適切な意識があるのかどうかを推測する。

生活リズムが合わない場合に生活音で苦情を言われることが多々ある。

そうならないために大家に絶対に確認すべきことは"自分の好きな時間にいつでもキッチンやバスルームを使ってもいいか"

24時間好きな時に使ってもいいと大家が言えば、例えフラットメイトに夜中にシャワーを浴びるなと言われても従う必要はない。

 

通常の生活に必要な料理・入浴ついては当然の権利としていつでもできるが、洗濯機はそのフラットによって文化が違う。

夜中に回しても問題ないフラットもあるが、うるさいからダメという所もある。

また一般的に大きな音が生じる、楽器演奏やスピーカーで音楽を流す、友人を呼んでパーティーするなどの行為は23時以降は禁じられているため、警察を呼ぶという対応が取られる場合がある。

 

      ネズミやシルバーフィッシュがでないか

古い家だとネズミが出る。

ネズミよりも高い頻度で遭遇するのはシルバーフィッシュという害虫。

silver-fish

ネットで検索して写真を見てみるととてもグロいので見てみて笑

カーペットやフローリングの場所には出ない傾向にあるが、バスルームやキッチンなどの水回り、あるいはコンクリートやタイルなどの硬くて冷たい床では寝室などの部屋でも出現する。

今まで10軒の家に住んで3軒の家で主にバスルームに出現した。

その内1軒では自室に毎日4〜5匹出てた。

帰宅後はまず部屋にいるシルバーフィッシュを踏み潰すという作業が日課だった。

ちなみにゴキブリは個人宅で出ることは滅多にない。 飲食店くらい。

フラット周辺 

      駅やバス停が近いか

 駅やバス停が近いと便利なのは確か。

しかしバス停が近すぎることで生じるデメリットがある。

バスからつけてくるストーカーに家バレする危険性があるのだ。

 

↓その私の恐怖体験はこちらの記事で。

lifeinuk.hatenadiary.com

 

      大通りから離れていないか

 大通り沿いの家に住むのが最も安全。

車や街の音が1日中うるさいが、その分フラット内の生活音が目立たないのでフラットメイトと騒音での揉め事にならないというメリットもある。

閑静な住宅街は静かだが、一方で夜中の帰宅が危険なのです。

 

      大きなスーパーが近くにあるか

 あまりセンターに近いと大きいスーパーがなく苦労する。

小さいTescoとかsainsbury'sはコンビニ価格なので安くないし品揃えが悪い。

24時間営業のスーパーやオフライセンスがあるのもポイントが高い。

 

      ゴミ置場がどこにあるか

 団地みたいな集合住宅のフラットだと敷地内にゴミ置場があって便利。

ゴミをそのまま放り込めばいいし分別もテキトーでいい。

ハウスの場合は1軒ごとに専用のゴミ箱がある。

一番厄介なのは、まさに大通り沿いの集合住宅ではないフラット。路面店の上に位置するようなフラットだ。

歩道の脇に、ちゃんとしたゴミ袋に入れておかなくてはならない。

大きい家具や段ボールなど、集合住宅のフラットに住んでいたらゴミ置場に放置でオッケーだけど、道の脇にゴミを置くタイプの場合はそうはいかない。

不法投棄になってしまうから。

trush

集合住宅のゴミ置場に放置された家具の図

まとめ

実際のビューイングでこのチェック項目を全部確認するのは結構難しい。

ビューイングってそんなにじっくり時間とってしないから。

あと全項目クリアするのは厳しい。

理想が高いと一生見つからないし、大家はあなたの返答を気長に待ってはくれない。

自分が譲れない必須条件と妥協できる点を探るしか住まいを決める方法はないのです。

  

↓賃貸契約の前または住み始めた後ででも知っておいた方がいい知識

lifeinuk.hatenadiary.com

 

【イギリス/フラットシェア】賃貸契約におけるテナントの権利と家主の義務【+家賃値上げ/立ち退き】

イギリスの賃貸物件をエージェントや個人大家から借りる際、テナントが無知では足元を見られる。

また、エージェントも大家も法律で決められている規則を知らない人が結構いる。

賃貸ビジネスをするにはライセンスがいるのにそのライセンスを持っていないと思われる大家も多い。

貸す側も借りる側も無知だからトラブルが多いんですね。

 

9回引っ越し賃貸トラブルを幾度となく経験して学習した知識を共有しておく。

知識を得て、自分の権利は主張していきましょう。

この記事で言及する事柄は主にイングランドでの話なので、その他の地域では制度が異なる場合がある。

 

 

Houses in multiple occupation (HMO)

HMO

フラットシェアと呼ばれる宿泊施設は、正式にはHouse in Multiple Occupation(HMO)という。

 

HMO

  • 2世帯以上で3人以上のテナントが、キッチン、バスルーム、トイレを共有する家全体またはアパート

Large HMO

  • 少なくとも5人のテナントが住んでおり、2世帯以上を形成し、トイレ、バスルーム、キッチン設備を他のテナントと共有する家全体またはアパート
  • Large HMOに住んでいる場合、家主は特定の基準と義務を満たさなければならない
  • 全てのLarge HMOにはカウンシルからのライセンスが必要
  • 家主が無免許のHMOを運営している場合、カウンシルによって起訴される
  • 家主がカウンシルにより起訴された場合はテナントは家主に対して家賃の一部返還を裁判で要求できる可能性がある

 出典: GOV.UK, Shelter

  

 HMO (フラットシェア)における家主の義務

テナントの安全と健康を確保するための基準や、ガスや電気、施設の管理や、提供するべき設備などが定められている。

家主の満たさなければならないHMOの基準と義務はカウンシルによって多少異なる。

 

自分の住む地域がどのカウンシルに属するのかは政府のサイトで確認できます。

www.gov.uk

 

Hackneyを例にしてテナントが知っておくべき項目を下記で解説します。

HMOの基準(例: Hackneyの場合)

出典: Private Rented Property Licensing Accommodation Standards

drive.google.com

上記はHMOだけではなく全ての個人賃貸物件の宿泊施設の基準が含まれる。

部屋のサイズの最低基準

 

共有キッチンが別の部屋にある部屋

1人で利用: 8.5㎠

2人で利用: 13㎠

部屋内に専用キッチンのある部屋

1人で利用: 13㎠

2人で利用: 18㎠

 

火災対策の基準

  • 有線の電源で作動する煙探知機警報機
  • 最低1つの探知機を各フロアの適切な場所に設置する
  • キッチンにはファイアーブランケットを常備する
  • 避難経路を確保するために廊下に障害物を置いてはいけない

 

暖房設備の基準

  • 全ての施設には断熱と暖房が必要
  • セントラルヒーティングまたは電気ヒーター
  • 暖房は居住者が制御出来る必要がある
  • 外の気温が−1℃の場合、リビングルームは21℃、ベッドルームは18℃であるべき

 

キッチン設備の基準

住人が5人以下: 4つ口のコンロ、オーブン、グリル

住人が6人以上: 4つ口のコンロ、オーブン、グリル、電子レンジ

 

冷蔵庫は世帯ごとに、小さな冷蔵庫と冷凍庫

 

バスルームの基準

住人が4人以下: 洗面台付きのバスとトイレ

住人が5人: 洗面台付きのバスとトイレ、追加の洗面台付きトイレ

住人が6人〜10人: 2つの洗面台付きバス、2つの洗面台付きトイレ

 

家主が義務を怠った場合

家主がカウンシルの定める基準を満たしていない、または義務を果たさない場合はカウンシルに報告してください。

Hackneyでは専用の窓口が設けられている。

Contact the private sector housing team

020 8356 4866 (Mon to Fri, 9am – 4pm)

 privatesectorhousing@hackney.gov.uk 

家主へのペナルティと訴訟

以下に該当する場合は家主は最大で£30,000の罰金テナントは家主に最大で12ヶ月まで遡って家賃の返金を請求(Rent Repayment Order)できる。

  • 家主が不動産ライセンスを持っていない
  • 家主がカウンシルによって提供された改善通知に従わない
  • 家主がカウンシルによって提供された禁止命令を遵守しない
  • 家主がテナントの財産へアクセスするために暴力を行使した
  • 家主がテナントを不法に立ち退かせたり、テナントの財産に嫌がらせをした
  • 家主は禁止命令に違反した

出典: hackney.gov.uk

家主がライセンスを持っているかはカウンシルに連絡すれば答えてくれるはず。

カウンシルはHMOとして届けられた物件の一覧を持っている。

webサイトで公開している場合もある。

 

Rent Repayment Orderは裁判になるが、その筋専門の弁護師派遣エージェントがある。

"No Win, No Fee"で裁判に勝った場合にのみ、勝ち得た金額から数十%を報酬として支払うサービスがある。

 

デポジット問題からのアプローチ

家主がデポジットを返さない場合にも訴訟を起こして、デポジットを取り返す手段がある。

 

家主はテナントからデポジットを預かったら30日以内にtenancy deposit protection (TDP) schemeを利用して第三者期間に預け、テナントにそれを知らせなければならない。

以下の3つの中から1つのTDPスキームを家主が選択して利用する。

賃貸契約を終了する際、終了後10日以内に家主はテナントにデポジットを返金しなければならない。

 出典: GOV.UK

 

家主がこの TDP schemeを利用していない場合は、テナントは家主に対してデポジットの額の最高3倍までの金額を請求する訴訟を起こすことができる。

 

Rent Repayment Order同様、デポジットのrepayment専門の弁護エージェントがあり、"No Win, No Fee"で請け負ってくれる。

 

体験談

実はこのデポジット訴訟を起こそうとしたことがある。

デポジットが退去後20日もの間返却されなくて、そもそも大家が信用できなくて不満で退去したので訴訟を起こして思い知らせてやると思った。

 

調べたところ、どのスキームにも私のデポジットは入っていなかった。

退去後にデポジットが返却された場合でも家主がTDP schemeを使用していなかったことが証明できれば訴訟が起こせる。

 

デポジット専門の弁護師派遣エージェントに相談して、契約書を読んだところでふと不安になった。

実はこの大家に直接あったことがなく、いつもテキストでしかやりとりしていなかった。

ビューイングの時に案内してくれた人が大家だと思っていたら、大家の友達で無償で手助けしてるだけの人だと実際に住んだ後になって知った。

もうこの時点でだいぶおかしいから早めに手を打つべきだった。

 

大家の名前と住所と電話番号は知っていたが、住所がどうやら嘘臭かった。

相手がこの国に存在しているのかも定かではない、訴訟で勝ったとしても相手に支払い能力がなかったら、外国籍の大家だったので国外逃亡されたら、裁判費用とエージェントへの成功報酬は全部私持ちになる。

リスクが高すぎるし、調べたり悩んだりでストレスで精神衰弱し、夫とも口論になり、結局訴訟を諦めた。 

 

いつも思うが、法律があっても実際にはそれが適切に機能しない。

弱者は法を手にしても尚、弱者だと痛感し、とても悔しかった。

 

 

家賃の値上げ

frying-money

ここからはカウンシルでの区切りではなく共通の規則について。

 

殆どの個人テナント契約では、次の場合に家賃を上げることができる

  • テナントが新しい家賃に同意する
  • テナントが新しい契約に署名する
  • 契約書に家賃見直し条項がある
  • 家主から家賃の値上げに関するセクション13の通知を受け取る

家主の家賃の値上げ方法によっては、家賃の値上げを拒否または異議を申し立てることができる。

出典: Shelter

 

契約形態によって規則が異なる場合があるので、自分の契約形態を確認してください。

england.shelter.org.uk

 

契約形態の説明

Tenancy Agreement(Assured Shorthold Tenants): 大家不同居の物件(HMOはこの位置ずけ)

Lodger Agreement: 大家同居の物件

 

Fixed Term: 契約終了日が決まっている期間固定の契約

Periodic Term: 契約終了が決まっていない月毎自動更新の契約

 

Case1. 家主から家賃の値上げを提案される

家主が口頭または電話やメールによって、家賃の値上げを宣告した場合、テナントは従う必要がない。

公式な法的通知がない場合は家賃の値上げに同意する必要がない。

 

不満があるのに値上げされた家賃を払い始めた場合は、同意したとみなされる。

 

Case2. 家主が新しい契約書を提示

家主が値上した家賃が適応される新しい契約を提示する場合、テナントにあらかじめ通知する必要がない。

テナントがPeriodic Tenancy(契約終了日の決まっていない契約)の場合は、新しい契約に同意する必要はなく、現在の契約を継続し、家賃は変わらない。

 

Fixed Term Tenancy (契約期間が固定の契約)では、その契約期間内でテナントの同意が得られない限りは家賃をあげることはできない。

また、固定期間が終了した後について契約書に書かれていない場合における新たな契約で家賃の値上げを提示する場合は、家主はセクション13通知の利用が必要。

 

↓Fixed Term Tenancyの契約期間終了後の選択肢について

england.shelter.org.uk

 

Case3. 契約書に家賃見直し条項がある

家賃の見直し条項が契約書に書かれている場合、どのタイミングでどれだけ値上げできるのか、また値上げの通知する期間が書かれているであろう。

通常、Periodic Tenancyの場合、家賃の値上げは最高で1年に1度、通知期間は最低でも1ヶ月前とされている。

家賃の見直し条項がある場合にも、家主はセクション13通知という正式な通知をしなければならない。

 

Case4. セクション13通知を受け取る

 家主はセクション13通知というフォームでテナントに正式に通知することで家賃の値上げが可能となる。

年に1度だけこの通知を利用できる。

少なくとも家賃の値上げ開始日よりも1ヶ月前に通知しなければならない。

 

家賃の値上げの適応が可能になるのは、Fixed Term Tenancyの場合は、固定の契約期間終了した翌日から、Periodic Tenancyの場合は入居開始から1年後。

 

テナントがセクション13通知に対して裁判で異議申し立てをした場合は審判が降るまでは家賃の値上げは実施されない。

 

参照:

Rent increases - Shelter England

Dealing with a rent increase - Citizens Advice

 

 立ち退き

多くのHMOに住むテナントはAssured Shorthold Tenantsと呼ばれる契約形態のはずなので、この場合の立ち退き規則について以下で紹介する。

テナントが家賃の値上げに同意しない場合に立ち退きを命じられる恐れがあるが、家主がテナントを立ち退きさせるには正式な通知によって行われなければならない。

法廷手続きをせずにテナントを立ち退かせようとする場合は違法な立ち退きに該当する。

 

法的理由のない立ち退き

セクション21通知により賃貸契約を終了させる理由をテナントに正式に通知する。

この通知は通常は立ち退き日の最低2ヶ月前に通知される必要がある。

※コロナ危機下においては通知期間が延長されている。

 

通知期間終了時にテナントの立ち退き準備が出来ていない場合は立ち退きを強制出来ないが、家主はさらに裁判所に申請することができる。

 

法的理由のある立ち退き

テナント側に明らかな落ち度(法的な理由と根拠)がある場合は、セクション8通知により賃貸契約の終了、立ち退きができる。

家賃の滞納が2ヶ月以上ある場合は立ち退きを命令することができる。

通知期間は退去理由または家賃の滞納期間によって異なる。

家賃滞納が6ヶ月以上に及ぶ場合、通知期間は4週間。

反社会的行為が理由の場合には通知期間がさらに短い、あるいは通知期間がいらない。

 

参照: 

Eviction of assured shorthold tenants - Shelter England

まとめ 

ややこしくて上手くまとめられていないかもしれない。ごめん。

HMO (フラットシェア)に住んでいる大家と不同居のAssured Shorthold Tenantの人であれば今回の記事の内容は全部当てはまるはず。

その他の人は参考にできる点と少し異なる点があるはず。

これをきっかけに自分でも調べてみるとより理解が深まりますよ。

 

今回はHMOの基準でHackneyを例にあげたが、Hackneyはテナントの権利を守り、不法なエージェントや大家に対する対策を強化しているという印象を受けた。

他のカウンシルでは相談窓口が専用に設けられてなかったりする(見つけづらいだけかも知れないが)。

 

余談ですが、私が以前問題しかないフラットに住んでいた際、そこはカウンシルがTower Hamletsだったのだが、彼らは全く対応してくれなかった。

あのカウンシルはCitizen Adviceもすごく不親切で最悪だった。

 Citizen Advice体験談はこちら↓

lifeinuk.hatenadiary.com 

 

とにかく、皆さんそれぞれ自分の住んでいる地区のカウンシルの基準をしっかり確認してください。

大まかな基準は同じだけど、部屋の広さとか冷蔵庫の文言とか細かい部分が少し異なる。

カウンシルのwebサイトにいけばHMOの基準に関する情報が提供されているはず。

すごく見つけづらいけど。

 

不法なエージェントや大家に当たった時には証拠を押さえてカウンシルに通報してください!

乱れた賃貸市場の掃除にご協力お願いします。

 

【イギリスの公的資金まとめ】お金がない人がコロナ禍で使える資金援助制度

コロナ危機の中、失業したり勤務時間が減ったり、コロナに感染して仕事が出来ないなどで経済的に困窮する人は少なくないであろう。

お金に困っている人は資金面で公的な援助が受けられる。

知らないままだと損をするので、行動して経済的な危機を乗り越えましょう。

 

※紹介するものはイングランドで適応される制度なので、他の地域では要項が少し異なる場合があります。

 

 

コロナ感染者向けの援助

  Statutory Sick Pay (SSP)

病気になって働けない場合に利用できる制度。

コロナに感染した人、または自己隔離が必要な人がこの制度を利用出来る。

 

概要

  • 企業に雇用されていて、その雇用主の下で今までにいくらか仕事をした
  • 週に少なくても平均£120の収入を稼いでいた
  • 非出勤日を含めて少なくとも4日間連続して病気あるいは自己隔離で欠勤を余儀なくされている
  • 働けない状況になってから7日以内に雇用主に伝える
  • Furlough(coronavirus Job Retention Scheme)適応中でも申請できる
  • 最大28週間、週に£95.85が受け取れる
  • 雇用主から普通の給料と一緒に支払われる
  • 国外から入国したことを理由とする自己隔離には適応されない

出典: Statutory Sick Pay (SSP) : Eligibility - GOV.UK

 

  会社が定めているCompany Sick Pay(病欠手当)を利用する方がより多い額をもらえる可能性があるので契約書を読み返したり、雇用主に確認をしよう。

 

 Test and Trace Support Payment

コロナテスト陽性者またはその家族などの濃厚接触者が利用出来る制度。

 

概要

  • コロナテストの結果、自己隔離が必要な場合
  • 自己隔離が必要とされNHSのTest and Trace account IDを授かった
  • イングランドに住んでいる
  • 収入が少ない人 自宅から仕事が出来ず、収入減少が予想される
  • 自分または同世代の人がBenefit(公的資金援助)を既に利用している程困窮している
  • Benefitを利用していないが収入が少ない人も利用出来る可能性がある
  • 自己隔離終了後最大14日以内なら請求できる
  • この制度は2021年1月31日まで(2021年1月1日現時点)
  • Council経由で£500受け取れる
  • 支払われた金額は所得税の対象となるがNI contribution(国民保険)の対象にはならない

出典: Claiming financial support under the Test and Trace Support Payment scheme - GOV.UK

 

  New Style Employment and Support Allowance (ESA)

体が不自由な人、コロナ感染者が利用出来る制度。

Sick Payが利用出来ない場合に申請すると良い。

 

概要

  • 過去2-3年以上十分なNational Insurance contributions(国民保険)を支払っていること
  • 自己隔離が必要な雇用者または失業者
  • 年金受給年齢に達していないこと
  • 自分またはパートナーの収入や貯金の額は考慮されない
  • 25歳未満の場合週に最大£58.90、25歳以上の場合週に最大£74.35受け取れる
  • 2週間毎に支払われる
  • Statutory Sick Payとの併用不可
  • New Style Jobseeker’s Allowanceとの併用不可
  • Universal Creditとの併用可

出典: Employment and Support Allowance (ESA): How to claim - GOV.UK

 

  income-related ESA

過去2-3年以内に十分なNational Insurance contributions(国民保険)を支払っていない場合は所得に関連したESAを受けられる。

その場合は貯金が£16,000以下でなくてはならない。

また、世帯年収や£6,000以上の貯金は受け取れる金額に影響する。

短期の期限付きvisa(ワーホリなど)で申請出来るかは確認出来ていません。

 

コロナで収入が減った人向けの援助

  Universal Credit

生活困窮者が利用出来る制度。

失業者や収入の少ない人で貯金や資産がない人が利用出来る。

基本的には短期の期限付きvisa所持者は申請出来ない。ワーホリのvisaでは不可。

 

概要

  • 自分とパートナーの貯金が£16,000以下であることが条件
  • 年金受給年齢に達していないこと
  • 18歳以上であること
  • その人の状況によってもらえる金額が異なる(収入、貯金の額、家賃の額、子供の有無など)
  • 状況に応じて計算された額が毎月支払われる
  • 申請後最初の支払いが行われるまで約5週間かかる
  • 自分の状況に変化があればその都度情報を更新しなければならない(仕事の有無など)
  • Web上でUniversal Creditのアカウントを作る必要がある
  • New Style Jobseeker’s Allowanceとの併用可

出典 : How to claim Universal Credit: step by step - GOV.UK

 

  New Style Jobseeker’s Allowance (JSA)

雇用者で16時間以下の勤務の人、または失業者が利用できる制度。

 

概要

  • 過去2-3年以上十分なNational Insurance contributions(国民保険)を支払っていること
  • 通常週16時間以下の勤務時間であること
  • 年金受給年齢に達していないこと
  • 自分またはパートナーの収入や貯金の額は考慮されない
  • 最大182日間受け取れる
  • Furlough(coronavirus Job Retention Scheme)適応中でも申請できる
  • Universal Creditとの併用可

出典: New Style Jobseeker's Allowance - GOV.UK

 

公式の情報が他の制度より何故か薄く、金額に関しては不明。

New Style Employment and Support Allowance (ESA)のようにNI Contributionの支払いが不十分でも所得に関連した制度があるのかも不明。

 

その他のコロナ禍での公的資金制度

健常者で働ける年齢にある一般的な雇用者として働く市民が利用できる制度は上記で紹介したもので全てです。

年金に関連した公的資金などの他に使用できる制度は以下のページあります。 

www.gov.uk

 

その他の仕事や資金面でのサポートについては以下の政府のサイトをご参照ください。 

www.gov.uk

 

 公的資金の申請資格があるか?

短期期限付きvisa保持者は公的資金に申請が出来ない可能性がある。

BRPカードの裏面の”REMARKS”という項目に”NO PUBLIC FUNDS”と記載されていると公的資金援助は利用出来ない。

きちんと働いて国民保険払っているのにひどいなと思う。

 

まとめ

知人のルーマニア人はUniversal Creditで月に約£800もらっていた。

今まで真面目に貯金した人は貰えなくて、後先考えず貯金をしていなかった人はたくさんもらえるなんてなんだか不公平な気がしてしまうこのUniversal Credit。

しかもこの制度、ワーホリ民は使えないしね。

 

基本的に国民向けの制度なので、短期期限付きvisaの移民は利用出来ない制度が多いのが実情。

ワーホリ民が使える可能性があるとしたら、Statutory Sick Pay (SSP)くらいだろう。

また定かではないが、Test and Trace Support Payment 、New Style Employment and Support Allowance (ESA)のincome-related ESAも使えるかも知れない。

誰かトライしたら申請出来たか教えて下さい。

 

公的資金の申請をする際に、虚偽がある場合は法的にペナルティが課される場合があることを同意させられる。

とは言え、正直に答えれば問題はなく、申請が通るかどうかは向こうの判断なので、とりあえず申請してみると良いだろう。

 

プライバシーポリシー お問合せ